【ドローン】エンジニアが現地に向かう時代は終わった【データ収集】

ロボット

こんにちは~。こちらメカトロニクスdiaryです。
今回も気になった地獄を紹介するうぅぅ!(# ゚Д゚)

スウェーデンEricsson(エリクソン)は2021年4月15日、英Vodafone UK(ボーダフォンUK)と連携して、ドローンやLiDARなどの3D技術を駆使したネットワーク管理の効率化を狙った実験を進めると発表した。
今回の実験では、ハイビジョンカメラを搭載したドローンとLiDAR技術を活用して、ネットワーク設備拠点からデータを収集し、それを基にアップグレードの検討を進める。
今回の取り組みが実用化すれば、エンジニアが1人でデータ収集できるようになる。収集したデータは、デジタルツインモデルとして、クラウド経由で利用でき、関係者がバーチャルなサイトミーティングなどでそのデジタルツインモデルを共有することで、遠隔地に居ながら、あたかも現場に出向いているような、「オンサイト」での検討が可能になる。
ドローンやLiDARといった3D技術を駆使することで、ネットワーク設備から高精度のデータを収集できるのみならず、技術者が電波塔に登る必要性がなくなることで、健康や安全上のリスクも軽減できる。加えて、現地に出張する人員数や必要な機材の重量も減らすことができ、二酸化炭素(CO2)の排出量削減にも貢献する。

ドローンとLiDARでネットワーク管理を効率化、CO2排出量削減にも
 スウェーデンEricsson(エリクソン)は2021年4月15日、英Vodafone UK(ボーダフォンUK)と連携して、ドローンやLiDARなどの3D技術を駆使したネットワーク管理効率化実験を進めることを発表した。ネットワーク敷設計画や設備環境のアップグレードを迅速かつ効率的に行うための有効な手段になると期待してい...

記事では色んなカタカナが使われていてよくわかりません!IT分野は難しいですね…
つまりは、3Dで読み取れる技術やドローンを駆使すれば、今まで現地調査をしていたものが遠隔でできるようになり人件費等が節約できるというお話ですね!いろんなことが現地に行かなくてもできるようになっていくのはいいことですね!みんな!好きな場所に住もう!

「この前飛ばしたドローンでの調査は進んでるか?」
「狩られました」
「え?」
「猟師に狩られました」
「いい腕してやがるぜ…」

こ れ が 地 獄 だ

ではまた!他の記事も気になったらぜひ読んでみてください♪
いつもコメントありがとうございます!気軽にコメントしていってください(^^)/

↓↓Twitterでブログの更新をお知らせしてます!ぜひフォローお願いします!↓↓

https://twitter.com/sabamechanic

☆参考記事☆
ドローンとLiDARでネットワーク管理を効率化、CO2排出量削減にもhttps://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10231/

コメント

  1. AnuuNERCABCAR より:

    canadian pharmacy spam best canadian online pharmacy

  2. JyhNERCABCAR より:

    pharmacy usa store canadian vet pharmacy online

  3. Ahmad Spease より:

    you’re really a good webmaster. The website loading velocity is amazing. It kind of feels that you’re doing any distinctive trick. Also, The contents are masterwork. you have done a wonderful job on this matter!

タイトルとURLをコピーしました