【溶接工程検査】まさかまだチェックシートなんて使ってる工場ありませんよね?【自動化】

ロボット

こんにちは~。こちらメカトロニクスdiaryです。
今回も気になった地獄を紹介するうぅぅ!(# ゚Д゚)

日産自動車が2021年に栃木工場で稼働させた生産ライン「ニッサン インテリジェント ファクトリー(以下、NIF)」では、検査に関する特徴的な自動化技術を取り入れている。
その1つが、溶接の状態をリアルタイムで判定する「溶接インラインモニタリングシステム」(Intelligent Welding System、以下IWS)である。ホワイトボディーを製造するスポット溶接の工程に導入したもので、全ての溶接箇所で加圧力と電流値の変化を測定して品質を監視する。人手による抜き取り検査を減らせるとの期待がある。

スポット溶接の不良を見抜く、電流値の変化を全打点で監視
 日産自動車が2021年に栃木工場で稼働させた生産ライン「ニッサン インテリジェント ファクトリー(以下、NIF)」では、検査に関する特徴的な自動化技術を取り入れている。

溶接の検査工程を自動化!しかもリアルタイムで行えるというスピーディさを兼ね備えています。人員削減による低コスト化、品質向上など自動化のメリットは多そうですね!不祥事で話題になった日産ですが技術の日産と豪語するだけあって、どんどん最新技術を取り入れてますね。今後の技術の進歩が楽しみです。

人目での曖昧なチェックは不良品発生の元ですからね!検査体制見直しの時です!

…あなたの会社のことですよ?

こ れ が 地 獄 だ

ではまた!他の記事も気になったらぜひ読んでみてください♪
いつもコメントありがとうございます!気軽にコメントしていってください(^^)/

↓↓Twitterでブログの更新をお知らせしてます!ぜひフォローお願いします!↓↓

https://twitter.com/sabamechanic

☆参考記事☆
スポット溶接の不良を見抜く、電流値の変化を全打点で監視

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nmc/18/00106/00004/

コメント

  1. Chung Lueck より:

    Hiya, I am really glad I have found this information. Nowadays bloggers publish just about gossips and net and this is actually frustrating. A good site with exciting content, that’s what I need. Thank you for keeping this website, I will be visiting it. Do you do newsletters? Can’t find it.

タイトルとURLをコピーしました