AI

AI

【ディープラーニング】ついに人の目を超える!【画像認識】

現在も続いている人工知能(AI)の3回目のブームはディープラーニングという技術がきっかけになっている。日本語では深層学習と訳す。人間が先生や本から学んで学習するようにコンピューターがデータから学んで学習することを機械学習と呼ぶ。
AI

【アメフト】選手をケガから守れるのはただ1人!俺だ!【AI活用】

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)と米プロアメリカンフットボールNFLのロジャー・グッデル・コミッショナーは記者会見で提携を強化し、アメフト選手をケガから守るAI(人工知能)技術「Digital Athlete(デジタルアスリート)」を共同開発すると発表した。 NFLが持つ過去10年間にわたる4万2000人の負傷者と8000人の選手に関する情報を収集したデータベースや、過去20年以上の動画データから選手の姿勢やプレーの種類、使用していた用具、芝の種類、環境ファクターなどを分析。試合環境における膨大なシナリオを実行し、負傷のリスクを評価するシミュレーションモデルの構築を目指す。
ロボット

【自動化】ゴミに炎を灯して遠い未来まで…【ゴミ焼却発電】

ゴミ焼却発電プラントメーカー各社が遠隔監視・運転支援施設を通じた顧客サービス強化を打ち出している。 ゴミ焼却施設の自動運転に向けた技術の導入も進む。国内では少子高齢化による人手不足や施設の統廃合など課題はある。遠隔監視や運転支援、自動運転の取り組みは海外展開拡大を見据えた布石にもなる。
ロボット

【ロボット】未来のロボットエンジニアへ!【教育】

教育機関における産業界に対するニーズと、産業界が有するシーズとのマッチングを通じた人財育成を担う「未来ロボティクスエンジニア育成協議会(CHERSI)」を設立した。 高専の教員に対し、ロボットメーカー2社が最新の技術動向やロボット適用事例を紹介した。
タイトルとURLをコピーしました